あけましておめでとうございます

     毎年恒例の遅ればせながら

     明けましておめでとうございます。

     本年もよろしくお願いいたします。

     

     毎年同じことを言っているのですが、年末年始はいつもバタバタしていて、やっと落ち着いたころに、自分の誕生日がやってくるので、私の中では毎年1月16日が一年の始まりということにしています。

     ついでに言うと、私は山羊座ですが占いは水瓶座を見ることにして、777より249がラッキーナンバーと言うことにしています。

     このように、誰しも「自分ルール」のようなものが、多かれ少なかれあるかと思います。

     今、その自分ルールのことでとても頭を悩ましています。

     

     それは父のセルフケアです。 

     

     父は、去年の自粛期間中に一気に体力が落ちてしまい、本人は頑張っているのですが、なかなか元の体力に戻せずにいます。私は実家の近くに住んでいるので、週1.2回は父のセルフケアを見に行っているのですが、こちらの意図が上手く伝わらず、効果が上手く出せていません。

     

     と言うのも、私の父にも多くの自分ルールがあって、そのルールを理解することと、そのルールを活かしつつ効果的なセルフケアをしてもらうのは至難の業なのです。

     

     人の持つ「自分ルール」には、一般的な理屈は通用しません。

     その人、その人、それぞれの自分ルールなので、訊けばそれなりに理由はあるのですが、私の自分ルールのように、けして論理的なもの、合理的なものではないものも多いのです。ですから「こうこうこういう理由だから、これをやって欲しい。」と言っても、自分ルール外のことだとなかなかやってもらえません。こういう場合は説明や説得はあまり効果がありません。その人のルールを解読して、納得のいく方法を提示できるか⁈が、セルフケアを継続し、効果が出せるかどうかが決まってきます。

    同時に、サポートする側は相手のルールを受容しながらも、現実的に効果のある方法を提示しないといけないので、その折り合いが難しいのです。その人の意見を聞きすぎれば効果は期待できませんし、こちらのやり方を強要しても長くは続かないからです。

     

     具体的に例を挙げると、父の場合は歩くことが大事だと思っているので、どんなに疲れていても、痛みがあっても歩いてしまいます。更に、自分の作った目標歩数があり、体調でなく、数に重点が置かれてしまいます。

     しかし、しっかり歩くためには、疲れと痛みをとってしまった方がいいのです。

     疲れをとるには、まず睡眠と食事の質が大切で、痛みをとるには体を温めること(血行を良くすること)、緩めること、負荷がかからないゆるーい運動(寝たまま、座ったままできるストレッチや小まめに動くなど)が、重要なのです。

     

     私の父の場合は、「数」へのこだわりと「決めたことはどんなことがあっても実行する性格」がポイントなので、目標を数値で表した負荷のかからないトレーニングとストレッチ法を体力や体調に合わせて提示しなくてはいけません。

     

    *実は本当に困っている父の謎の自分ルールは他に数多く存在していて、とても難解で面白いのですが・・・ここでは健康にまつわるものだけにしておきます。

     

     誰しも論理的、もしくは合理的でないと分かっていても、変えられない考えや習慣、ジンクスなどの自分ルールがあります。それをいかに有効に活用できるか?!が今年の「さぽせるlabo」のテーマです。

     

     今年も『Support self help laboratory』の名前の通り、効果的で、みんながこころ豊かになれるセルフケアをサポートする工夫(研究)をしていきたいと思います。

     

     

    2020年

    今年も残すところ3週間になりました。

     

    2020年は新型の感染症が広まり世界的にとても大変な年でした。

    そして、この苦難の終わりが見えていない中、皆さんはどのように2020年を過ごし、どのように新しい年を迎えようとしているのでしょうか?

     

    私はと言いますと、私にとってもとても大変な年でした。

    と言いましても、世界の心配事とは全く別の問題で苦労しておりました。

    それは、「腰痛」です。まあ、腰痛は30年の付き合いですから、今に始まったことではないのですが・・・長く抱えているからこそ年齢的なことも相まって回復にかなり時間を要してしまいました。今も尚、落ちてしまった体力を元に戻すのに苦戦中です。

     

    しかし、悪いことばかりでなく、この情けない体でも出来ることは結構あるもので、自粛生活で動かなくなった父のリハビリに付き合ったり、姪っ子たちの勉強にみっちりつきあったりと、家庭内の問題に向き合っていました。その経験が今後、本業のセルフケアのサポートの在り方を見直し、深めるいい機会になったように思います。

     

    そこで、来年度はコロナ禍で体力を落としてしまった人たちや、私のように持病と付き合っていかなくてはならない人たちが、ご自宅で気軽に楽しくセルフケア行っていけるように準備しています。

     

    何かを始めると、体の問題で中断してしまうことの多い人生ですが、それでも楽しく、前向きにセルフケアを続けてきているからこそ、今の私があると思っています。

     

    それでは少し早いですが、

    皆様、よいお年をお迎えください。

     

    さぽせるlabo ましのまりこ👣

    臨時休業中

     今夜にも主要都市に緊急事態宣言が出されると思われますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

     今回のコロナウイルス関連に強い不安やストレスを感じている人や、自分の行動に迷っている方も多いのではないでしょうか?

     

     さぽせるlaboは3月29日から臨時休業し、10日が経ちました。

     昨日、クッキングハウスで毎月行っているスペシャル健康教室をお断りしたので、全ての活動をお休みすることになりました。

     と言いましても、その前は坐骨神経痛の悪化でほぼ休業。その前もひたすら籠ってサイコドラマの本に集中していたので、あまり変わりがないと言えば変わりがありません。(今も第2稿の直しをしています)

     そんな私ですが、コロナウイルスに対の考え方は、2ヶ月前からあまり変わりがありません。

     個人的には、格別他の病気に比べて恐ろしいウイルスだと思っていません。(勿論、恐くない訳ではありません)

     では、なぜ活動を全てお休みをしているかと言いますと、理由は医療崩壊を恐れているからです。

     と言うか、既に日本でも医療崩壊は始まっていて、この現状を私はとても警戒しています。

     世界の状況を見ていると、ウイルスは同じなのに、全く重症患者数や死亡率が違います。

     これは何を示しているのかと言えば、医療体制やそれ等と関連する環境の差だと、私は思っています。

     医療が機能しなくなれば、コロナウイルスに関わらず、ありとあらゆる病気の危険性が一気に増します。例えば、病院が機能しなくなれば、妊婦さんは家で一人で出産しなくてはいけなくなりますし、透析をしている方は成すすべがありません。いくら治療法や薬、ワクチンが合っても、活用できなければ、病気やウイルスの種類に関係なく、私たち個人はとても無力です。その危機感が薄い国、地域、人が、今回の危機を広げているのだと思っています。そして、そのしわ寄せが弱者へと向かっています。

     ちょっと?かなり?大袈裟に聞こえるかもしれませんが、私はそう思っています。

     個人的には活動することは出来ますし、活動しないことは死活問題です。しかし、社会全体を考えれば、医療体制が整うまでは、出来る限り活動を止めた方がいいと思っています。「何もそこまで!」「仕事はしてもいいのではないか?」と思うかもしれませんが、ウイルスは遊びか仕事かを区別して感染している訳ではありません。仕事であろうとなかろうと、活動を止められる人は止めて、医療や福祉、流通、公的機関を優先させた方がいいと思っています。または、活動の仕方を変えられる人は変えた方がいいと思います。そして、余裕のある人はこの状況でも生きていかれる新しい道を模索した方がいいではないかと思っています。

     と言うと、私がとっても余裕があると思われるかもしれませんが、個人事業的には瀕死の状態です。

     でも、幸いなことに、私にはそれを支えてくれる家族や友人がいます。頼りないですが国の公的制度もあります。

     誰かに何かをしてあげることは出来ませんが、せめて今は活動をお休みにして、物理的な移動や直接的な接触がなくても出来ることを模索したいと思います。

     

     という事で、まずは本の原稿の続きをしたいと思います。では・・・。

     

     

    あれから3週間経って

    東京都から、「不要不急の外出を控えるように」とのお願いがありましたが、皆さまいかがお過ごしですか?

    私はコロナウイルスとは全く関係なく坐骨神経痛の悪化で立つこともままならず、1週間ほど前から一人勝手に自粛生活を送っておりました。
    そして、この3週間のことをいろいろと思い返していました。

     

    私は3週間前にブログに下記のようなことを書きました。

    『新型コロナウイルスについて、国の危機と個人の危機を分けて考える必要があるのではないか?…その上でこれからの状況を注視する必要がある』と。

    で、今この内容を改めて考えると、この3週間で国の危機と個人の危機の距離が近づいてきたと言う印象です。

    と言うのは、『医療崩壊』が現実味を帯びてきたからです。

    正直なところ、国の対応がここまで酷いとは思ってもみませんでした。
    何が酷いって、ほぼ何もしていない。現状が全く分からないと言うことです。

    国も都も明確なことを全く言わず精神論ばかりです。検査をしてないわけですから、死者が出ていても原因が分からないので、例えコロナウイルスで亡くなっていても肺炎や敗血症などに紛れてしまいます。
    そう、日本の肺炎死亡数は12万人。この中に何百、何千人の感染症がいたとしても分からないわけです。

    これでは、対応も遅れてしまいますし、後で検証することすら出来ません。

    また、明確な指針を出さなかったことで、(1番怖いのは医療崩壊だ!それを防ぐため対策であると強く訴えなかった)ことで、コロナが発見された後にも関わらず、日本人は海外旅行へ行き、欧米からの観光客、帰国者を何の対策もなしに受け入れてしまいました。ここで一気に市中感染が広がったのではないかと考えられます。
    実際のところ、政府も医療崩壊の意味が分かってなかったのではと疑いたくなります。

    一度、医療崩壊が起きれば、個人ではどうすることも出来ません。

     

    と言う事で、国の危機と個人の危機が近い出来てしまいました。

    しかし、嘆いてばかり要られません。

    やはり私たち一人一人が出来ることは、前回のブログの内容と変わらず、マスク、うがい手洗い消毒を徹底して、いつも通り健康を保てるように、よく食べて、よく活動して(活動範囲は抑えて)よく笑って、よく寝て、そして、他者の助けが必要な人がいれば、出来る限り支えてあげればいいのだと思います。(出来ないことは無理しない)

    そこに加えて、自分が無症状の感染者かもしれないと想定して活動することです。
    決して、ウイルスの媒体にならないようにすること。

    そして…

    続きは坐骨神経痛が落ち着いたら、また書きたいと思います。

    よく食べて よく活動して よく寝る + 楽健法

     巷ではコロナウイルスの話でもちきりです。
     場所によっては街から人が消えてしまったところもあります。
     そんな状況をテレビで見て思う事があります。

     それは、国の危機と、個人の危機を分けて考える必要があるのではないか?ということです。

     新しいウィルス。確かに、どんなものか分からず、これからどのように変異していくがわかりませんので、注視していく必要があります。また、隔離が必要になる事から、一気に広がると医療現場の崩壊を招きかねません。結果、他の患者さんたちも医療が受けられなくなるという、最悪の結果を想定して、国は全力で防がなくてはいけません。私たち一人一人も出来ることは協力し合う必要があると思います。

     
     が、個人の危機として考えると、必要上に恐がる必要はないと思うのです。

     コロナウィルスは(おそらく)飛沫感染と言われています。うがい手洗いの仕方、タイミングを間違えなければ、かなりの感染を防ぐことが出来るようです。こまめな換気、こまめな水分補給で喉を潤しておくことも効果的と言われています。

     因みに、今年のインフルエンザの感染者数は、うがい手洗いを徹底したことによって(温暖などのたの要因も考えられます)400万人も減少しています。
     勿論、コロナウイルスはインフルエンザよりも潜伏期間が長く、無症状感染者もいるなどの違いもありますので、分かっている範囲での対応も必要です。
     
     ここで「?」「こんなに大勢インフルエンザにかかっているの?」と思った方も多いのではないでしょうか?
     実は、日本ではインフルエンザに感染している人は1シーズンに1000万人以上います。
     そして、毎年数千人の方が亡くなっています。予防接種や薬があってもです。
     インフルエンザをきっかけに肺炎など、他の病気を併発して亡くなられる方は1万人以上になります。
     因みに肺炎は年間12万に近くの人が亡くなっています。
      
     そして、亡くなられているのは高齢者や持病のある人など、体力がない人達が殆どです。
     インフルエンザでなくても、風邪や下痢、骨折など些細なことをきっかけに亡くなる方も少なくありません。体力のない人にとっては、コロナウイルスが特別に脅威をもたらしている訳ではないのです。そこを冷静に見ていかないといけないと思います。

     コロナウイルスと言う得体のしれない新たなウイルスは国を挙げて、注視し、対応していかなくていけませんが、 私たちは一人一人、いつも通り健康を保てるように、よく食べて、よく活動して、よく笑って、よく寝て、そして、他者の助けが必要な人がいれば、出来る限り支えてあげればいいのだと思います。
     だからこそ、出来る限りの注意を払った上で、楽健法は続けていきたいと思っています。

    無料・楽健法ワークショップ 延長のお知らせ

    2019年秋よりスタートしました「無料・楽健法ワークショップ」を期間延長します。

    ワークショップは3ヵ月ごとに新しくスタートします。

    途中からの参加も出来ますが、初めての方は4月からの参加をお勧めします。

     

    会場:調布市文化会館たづくり 和室 
    日時:毎月 第1火曜日、日曜日 13:30~15:00

       3月1日(日)、3日(火) ③ 

       4月5日(日)、7日(火) ①

       5月3日(日)、6日(火) ②

       6月 未定(決まり次第おしらせします)③

    定員:6名

    内容:楽健法の基本的な踏み方を3回でご指導します。

       ① 安全に楽健法をおこなうために。 足裏、ローリング、臀部の踏み方。

       ② 前回の復習。横向き左右の踏み方。

       ③ 前回の復習。前のソケイ部、脇の踏み方。
       終わった後は、楽健寺の天然酵母パンでティータイム

    参加費:1回目 無料 
          2回目以降は500円 お友達同伴の方は2回目も無料

    * 日程、会場が変更になる場合があります。必ず、ご予約の上、ご参加ください。

    天国か?地獄か?~サイコドラマ本の出版記録~

     先月、やっと、やっと、第一原稿の7割を書き上げ、協力してくださる方々に原稿を送り、チェックをしてもらっていました。
     その後、皆さんに修正箇所や検討課題などのご意見を頂いて、第二稿に入るわけですが…。

     今まで、原稿を書いていてすごく思うことは、「いろいろオシイ!!」です。
     

     何がオシイかと言うと、サイコドラマって、すごく、すごく面白そうなのに、原稿からその面白さが伝わってこないんです。
     私はサイコドラマの体験をちょっとしかしていないので、こんな偉そうなことは言えないのは分かっているのですが、それでも資料を調べたり、父の話を聞いていたら、もっといろんな可能性に満ちていて、使い方によっては本当に面白くなりそうなのに、ちっとも面白さが伝わってこない。父曰く、「やってみれば分かる」と言うのですが、やってみようと思わせるだけの魅力を本で伝えないといけないと思うです。

     あー、もどかしい!!

     

     そして昨夜、原稿チェックしてくださった皆さんの意見を基に、今後の修正方向を検討しました。

     が・・・・パニック!!

     全くどうしたらいい分からなくなってしましました。

     そして、今、途方に暮れてブログを書いています。

     

     でも、「そんな危機にこそ成長のチャンス、幸せのチャンスある!」

     それが、今回の「増野式サイコドラマ」のテーマです。
     さあ、私の成功へチャンス、私の幸せな時間やってこい!

     では、地獄のような天国に行ってきます。

    さぽせる楽健法・文芸部?

     楽健法の踏み合いのグループは全国各地にあると思いますが、そのグループのカラーはグループのリーダーによってそれぞれ違います。
     カラーは違いますが、割と共通しているのが、お茶の時間の充実していること。楽健法のお仲間は、楽健寺の酵母を持っている方が多いので、パンを焼いてきたり、そのパンに合うジャムやお茶請けを持ってくる方が多く、どのグループに遊びに行っても感心します。が!!私のグループは、そういう面は少し控えめ。酵母パンは焼きますが、割とワンパターン。
     しかし、お茶請けの代わりに、なぜか本のやりとりが活発なんです。

     私が本や演劇、映画などが好きと言うのもあり、踏み合い中の話題になることが多く、いつの間にか参加者の方が本を貸してくださるように。その本がまた別の参加者へ渡っていきます。
    原田マハ、沼田まほかる、宮部みゆき、恩田陸、村田紗耶香、宮下奈都、西加奈子・・・・と、ちょっと思い出したラインナップ。中でも原田マハさんは私の中でとても流行って、他のグループで紹介したら、そこでもブームになり、2年越しにそのグループの方から逆に紹介されたりして・・・。そして、今は『蜜蜂と遠雷』を読んでいます。まだ、出だしではありますが、早く家に帰って続きを読みたい感じ。いや、どこかでしっかり時間をつくって読もう!
     なんて感じで、さぽせるlaboの楽健法の第2の活動・文芸部(?)はひっそり活動しているのでした。

    あけましておめでとうございます

    今年もまた、遅ればせながら、
    あけましておめでとうございます。

     

    毎年、必ずと言って程、新年のごあいさつが遅れる私ですが、実は(と言うほどでもありませんが)個人的な理由があります。
    それは何かと言いますと、私、誕生日が1月16日でして、子供の頃から、そこが新年のような気がしてしまっているのです。

    そこへ持ってきて、「世間一般の主張(常識)や流れを尊重しつつも、自分らしくマイペース」の姿勢でさぽせるlaboをやっているので、今は昨年やり残したことを少しずつやりながら、個人的な新年に向かって目標を考えているところです・・・

     

    そして、ちゃんとした一般の2020年の新年は何をしていたかと言いますと、

    サイコドラマの執筆に追われていました。
    元日も朝からカフェでパソコンに向かっていました。
    その甲斐かって、やっと第1稿が完成。
    1回目の校閲に入りました。

     

    本業の楽健法の方は、5日から無料ワークショップでスタートしました。

     

    相変わらずのゆるーい感じのさぽせるlaboですが、ちゃんとやる事はやっています。

    と言うことで、本年もよろしくお願いいたします。

     

    2020年は健康で平和な年になりますように。

     

    さぽせるlabo ましのまりこ

     

     

     

    大詰め ~サイコドラマ本出版記録~

    サイコドラマの執筆もいよいよ大詰めですが、予定通り、大幅に予定を遅れています。

    7日までに修正原稿が戻ってくるはずが、未だ戻ってきません・・・。

    なので、次に取り掛かることが出来ません。

    私の予定では、自分の担当の所は早めに終えて、年末はDVD を見まくる予定だったのですが、この分だと年末年始はPCに向かっていなくてはいけなくなりそうです。

     

    仕方がないので、原稿が書きあがる前ではありますが「あとがき」の構想を練っています。

    ・・・どうにかして「マジックショップ」が本の中に入らないかと画策しているのです。

    と言いましても、けしてBTSに固執しているだけでないのです。

    なぜ、この代表的なドラマ「マジックショップ」を増野式ではやらなくなったのか?!

    それこそが、増野式サイコドラマの次の課題だと思うのです。

    父が、これから本当にサイコドラマが世の役に立つのだと考えているのであれば、この課題はクリアしておいた方がいいと思うのです。

    どんな課題かと言うと・・・。

    それはまた次のお話。