久しぶりのフラワーレメディー

 この数年、暑い夏から寒い冬に一気に季節が変わってしまうことが多くて、秋がなくなってしまったような気がしていたのですが、今年は穏やかな秋らしい秋日和が続いています。

 が、そんな外の世界とは真逆に、私の気持ちはあまりスッキリしない日々が続いています。

 この2年間のコロナウィルスの感染拡大で、なかなか人に会えない日が続いている間に、大事な人が亡くなってしまいました。更にこの期間で、父や叔母など、急速に歳をとってしまったように感じ、気持ちが重くなってしまっています。

 そこで、久しぶりにフラワーレメディーでトリートメントボトルを作ろうかと思っています。

 フラワーレメディーとは、今の心情に合わせて花のエッセンスを取ることで、心のバランスを整えるセラピーです。(因みに、私は以前、バッチホリスティック協会所属のプラクティショナーでしたが、現在は個人的に活動しています。)

 

 話を戻しまして、私自身のトリートメントボトルです。
 トリートメントボトルは、現在のマイナスの感情に合わせて、花のエッセンスを選ぶ分けですが・・・。

 まず、心の疲労を感じるので、「ホームビーム」を選びました。
 大事な人を失ったときの喪失感に合わせたレメディーは他にもあるのですが、コロナ禍の不安定な生活への疲労が強く絡みついているきがしているので、まず先にこちらを取ることにしました。

 次に、仕事への不安。
 やはりコロナ禍での不安から、キャリアをうまく積み重ねられなかったことへの不安と自信の低下を感じたので「ラーチ」。

 その他、ウィロウ、スクレランサス、ワイルドオート、ゴースの全部で6つのレメディーを選びました。

 

 と、自分の気持ちを整理して、トリートメントボトルを選んでみただけで、少し心が軽くなってきた気がします。

 こうして、久しぶりに自分のトリートメントボトルを選んでみると、やはり私はバッチフラワーレメディーが好きだなと改めて思います。

 答えは自分の中にあるんだなと、焦らなくていいのだなと、ほっとしたのでした。

 

 

 『追記』
 昨日、とうとうサイコドラマの最終原稿のチェックが終わり、私の手から離れていきました。
 本になるのは早くて半年後でしょうか?!
 そちらも進展がありましたら、お知らせいたします。

Comment

現在コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA