トレーニングの鉄則

今日はちょっとプライベートな話。

 

私は高校時代、「演劇科」なる高校に通っていました。

そこでは、毎日歌ったり踊ったりしていました。

今も歌は大好きで、高校時代の友人や先輩と歌っていて、夏には小さな発表会を行います。

 

そこで本日は友人と歌の練習。

が・・・最近ガクンと落ちた筋肉。特に腹筋の低下は著しく、思ったように声が出ません。

そこを無理して出そうと思うと、肩や喉の力で息を押し出そうとするので、のどが絞まって更に声が出なくなります。これこそ正に代理運動!

代理運動とは、筋力不足を補って、本来使うべき部位ではない筋肉を使って運動することです。こうすることでどんどん体のバランスが崩れていきます。

出ないなりにもお腹を使って歌っていけば、練習していくうちに腹筋が付いてくるのでしょうが、

これだとやればやるほどお腹に力が入らなくなっていきます。

頑張っているのに成果が出ない。むしろ弊害が出てくる。

あ、なんかこんなことほかの場面でもよくある気がする。

 

体づくりをする時の鉄則ですが、「自分のレベルにあったトレーニングをすること。」

結局は一つずつ積み上げていくしかないんですよね。

そんなことを思い返す出来事でした。

Comment

現在コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA