楽健法・集中踏み合い会

    12日から3日間、楽健法の集中踏み合い会を行いました。

     

    存分に楽健法と天然酵母パンを堪能してもらえるように、毎日いろんな種類のパンを焼いてみました。

    思いがけない人が飛び入りしたり、ちょっとしたハプニングが続いたもののの、3日間しっかり踏み合い、ランチの天然酵母パンと恒例のカレーを美味しくいただきました。

    今回も皆さん喜んでいただけたようで、企画したこちらとしても嬉しい限りです。

    楽カフェ リニューアル

    2018年より「楽カフェ」がリニューアルしました!

     

    毎月第1日曜日と第4金曜日の10時から17時まで、さぽせるlaboを開放することになりました。

    さぽせるlaboで楽健法を学ばれている人たちの実践や学びの場として、自由にご利用いただけます。

    初めての方は、楽健法やフラワーエッセンスの体験(要予約)も出来ます。

     

    今年初めての楽カフェだったので、くるみとレーズンのパンと、シナモンとくるみの2種類のパンを焼いてみました。勿論、楽健寺の天然酵母パンです。

     

    楽健法をしたあと、酵母パンでまったりのひと時。。。。

    次回は、1月26日(金)です。

    入退場自由で、参加費500円なので、気楽に遊びにいらしてください!!

     

    ストレッチワークショップ

     楽健法って本当にいい健康法なのですが!!

     難点は一人では出来ないということ。
     私のような独り者には、相手を見つけるのが大変です。
     そこで、限られた機会を活かすために、楽健法の前後にストレッチなどのセルフケアを取り入れて、楽健法の効果を長持ちさせています。
     
     ということで、無料のストレッチワークショップを行ってきました。

     ポイント① ストレッチの前に体を緩めること。
     楽健法が出来ればいいのですが、出来ない場合は体を温めたり、揺らしたりして緩めます。
     それからストレッチ!これだけで全然筋肉の伸びが違います。同時にストレッチのやり過ぎによるケガも予防できます。
     
     ポイント② 正しい姿勢で行うこと
     ストレッチをする時に姿勢が崩れていたり、フォームが違うと逆効果に。筋肉を傷めてしまうことあります。その為には、体の土台になっている骨盤周りから緩めて、整えます。(これも楽健法を行うとあっと間です。)

     ポイント③ 力を入れない
     ストレッチの効果がうまく出せない人の中に、力を入れ過ぎている人がいます。

     力を入れる=筋肉の収縮ですから、これもストレッチとは逆の行為です。
     トレーニングの時は、トレーニングをする部位を意識すると効果が高まりますが、ストレッチの場合は意識しすぎてはいけません。力を抜いて、体の重みや、呼吸のタイミングを利用して伸ばします。

     

       ポイント④ バランスよくおこなう 
     ストレッチには大きく分けて屈曲、側屈、背屈、回旋があります。でもほとんどの人が、屈曲ばかりやっています。これでは体のバランスが悪くなって、姿勢が悪くなって、一部に負担がかかって・・・と逆効果です。やるならバランスよく行う事が大切です。

     その他、ストレッチを効果的に行う方法はいろいろありますが、今日のワークショップはここまで。
     ワークショップの後は、楽健法で再びまったり。

     

     

     

    盛岡報告

    先日、盛岡へ行ったのは3つ目的があありました。

    1つは先日お話しした楽健法を学び始めた人たちに楽健法をするため。
    次に、今学んでいる人たちが、来春からプラクティショナーコース(レベルアップクラス)に入るので、基礎のチェックをするために楽健法友の会の指導をするため。
    最後に、プラクティショナーコースを終了した人たちで集まって楽健法の活動しているクラブ活動(=さぽせるクラブ)の活動内容についての話し合いのためです。
    3つとも、それぞれ収穫の多い充実した時間でした。

    いつも盛岡へ行くと感心させられるのですが、みんなとても熱心。
    話を聞くと、いろいろ事情がありそうな人も多いのに、そんな大変の中、時間をやりくりして、積極的に健康に取り組んでます。
    東京は学ぶ場はたくさんあるので、その辺の違いもあるのかもしれません。

    あ、でも違いますね。きっとリーダーさんがとっても熱心で誠実だからだわ。
    私もそんな風に人のやる気を引き出せる人になりたいなぁ。
    と思う今日この頃です。

    人も、踏み方も、それぞれ

    先日、盛岡で楽健法の初心者コースを受講されている方たちを踏んできました。

    人数が多かったので1人30分程度でしたが、初めての人をこんなに続けて踏むことがないので、1人1人の身体の違いを実感できて、とても勉強になりました。
    1人目は、ゆっくりそっと踏まなくてはならないような人で、次の人は踏んでも踏んでも跳ね返されるような人。
    同じような腰の痛みを訴えられているのに、全く違う反応の人たちもいました。
    踏まれると極度に緊張する人、ふわーっとあっという間に筋肉が緩む人。
    本当に人それぞれでした。

    体だけでなく、性格や施術を受けた目的も人それぞれで、施術中ずっと質問をしっぱなしの人も居れば、くつろいで寝てる人も居ます。踏み方を熱心に研究される人もいれば、やっぱりふまれるだけの方がいいという人も。

    「改めて、楽健法の基本とは何か?」「楽健法良い踏み方とはなにか?」と考えさせられました。

    盛岡へ

    寒いですね~。

    明日から盛岡へ出張なのですが、最低気温が3℃だそうで・・・。

    寒いのが苦手な私はかなりビビッております。

     

    今回は、楽健法を始めてられて間もない方から、ベテラン様でたくさんの人を踏んでくる予定です。

    その他、友の会の楽健法踏み合い会の指導と、さぽせるクラブのミーティングなどなどです。

    上手くいけば、仕事終わりに温泉に入れるかも。

    ということで、行って参りまーす。

    ダンスを再開したきっかけ

    全くの私事ですが・・・

    28年ぶりにダンスを再開したきっかけは、

    K-popアイドル(防弾少年団)です。

     

    このブログを私の友人が読んだら、「まりちゃんはとうとう仕事のブログにまで書き出した。」と呆れることでしょう!!

    そう、呆れてください。

    でも、彼らのダンスを見た時に、シンプルに「ああ、また踊りたい!」って思ったんです。

     

    私が楽健法と言う健康法を続けている理由は、「健康」でいたいからです。

    それは体に不調があれば人生を楽しめないと思ったからです。(楽健法を始める前は体調不良に悩まされる日々でした。これはまた別の機会に)

    健康であり続けることは、人生を充実させるための手段です。

    けして、これ自体が目的ではありません。

    では、目的はなにか?

    そんなシンプルなことを、健康法を仕事にしてから忘れてしまっていたように思います。

     

    そして、今日も踊って、楽健法をしたいと思います!!

     

    完成!!

    さぽせるlaboの楽健法テキストが完成しました!

    長かった・・・・

    安全に楽健法を実践してもらえるように、私の経験をたくさん盛り込みました(^^)

    さすが楽健法 ただただ1歩

    先日、高校生卒業以来28年ぶりにダンスのレッスンを受けました。

     

    体どころか、頭も全くついていけません・・・。

    足がワナワナして、階段を下りるのに手すりにしがみつく有様。

    「きっと明日は、酷い筋肉痛に襲われることでしょう!」と思いつつ、最後の力を振り絞って、危険部位のストレッチとテーピングを済ませ就寝。

    なんとか次の日の筋肉痛は免れたものの、40過ぎてからの筋肉痛は時間が経ってからも油断できません。

     

    が!タイミングよく楽健法で踏まれることに。

    まだ初めて1年経たない方ですが、だからこそ1歩1歩丁寧に、しっかり踏んでくれました。

     

    と、何日経っても全く筋肉痛は起きませんでした。

    やはり、楽健法はすごい!

    それも全身をただただ丁寧に踏んでもらったのが良かったのかと思います。

    これが張っている部位だけ踏んでいたら、結果はちょっと違っていた気がします。

    1歩1歩丁寧に。

    やはりこれが1番です。