私の本棚 その2

    前回の、私の本棚紹介の続きです。

    今回は、心の健康に関する本や、セルフケア関連の本、楽健法をを教える時に役立つ本などを紹介していきます。

     

    が、今回も紹介の前に一言。

    本は繰り返し読むといい本と、時代の流れをつかむための本(1度読めばいい)があると思います。

    でもそれは1度しか読まないから良くない本という訳ではありません。大きく心を動かされたとても素晴らしい出会いもあります。しかし残念ながら、後者の本はここではご紹介していません。それはまた次の機会に・・・。

     

    〈心の健康の本〉

     

    クッキングハウスの本。生活の中でイメージしやすい1冊。

     

    以外と身近な発達障害の本。最近は子共にも読める本のたくさん出ています。

     

     

     

    〈セルフケアの本〉

     

     

    ちょっと難しいかもしれませんが、体を動かすという事がどういうことかがよく分かる本。

    楽健法の体重移動が出来ない人にもおススメ。

     

    〈人に何かを伝える技術〉

    この本はコーチングの本ですが、楽健法を教える場合はティーチングの本も役立つかもしれません。

    これ系の本も、最新のモノが沢山出ているはずです。

     

    凄く助けられた1冊。(また読んでみよっと・・・)

     

    最近は図書館で新刊を取り寄せてもらって読むことが多いので、情報が古いものばかりですいません。

    兎にも角にも、何の分野も本は1冊ではダメだと思います。

    いろんな視点で書かれた、いろんな表現で書かれた、時代時代の本をたくさん、まはたは何度も読み返してみて初めて、最初に読んだ1冊の意味が分かってくると思います。

    是非、たくさんの素敵な本に巡り合ってください。

     

    因みに、ここでは楽健法や健康に関係する実用書ばかりをご紹介しましたが、私個人できには詳説たドキュメンタリーも大好き。なかなか時間がなくて最近は思うように読めていませんが、いつの機会に私的な本のお話も出来たらと思います。

    私の本棚

    先月の盛岡でのプラクティショナー講座で、

    「どんな本で勉強しているのか?」

    と言うご質問がありましたので、私の本棚の一部をご紹介したいと思います。

     

    ですが!!その前に。

    本は自分が読みやすいかが結構重要。

    文章の言い回しや、本の構成、写真やイラストなどなど、「自分が読みたい!」「 読みやすい!」と思える本が本が一番いいです。特に、学ぶ本は何度も何度も読み返すので、出来れば本屋さんに行って、本を手に取ってみることをお勧めします。

    また、これから紹介する本は、私が楽健法を始めた当初(15年前)に読み始めた本も混ざっています。

    今ではもっと分かりやすく、新しい情報が載っている本がたくさん出ていると思いますので、あくまでも参考までに。

     

    〈身体の全体像を学ぶ本〉

    身体のイメージをもつのに役に立つ1冊

     

    〈身体の基礎を学ぶ本〉

    読みやすいですが、ちょっと情報が古い部分もあるので、他の本と読み比べるといいと思います。

    病気編もあります。

     

    解剖学以外に、生理学、病理学などもあります。

     

    これはパケ買いした本ですが、切り口が面白い!!

     

    身体を姿勢や動作から学ぶ本

     

    〈もっと詳しく学ぶ本〉

     

    〈あると便利〉

     

    次回につづく・・・

     

    脊柱管狭窄症の人に楽健法をする時の注意点

     先日、盛岡で「楽健法・プラクティショナー講座」を行ってきました。
     そこで受けた質問を皆さんとシェアしたいと思います。

     

     質問
     「脊柱管狭窄症の人を踏む時の注意点を教えてください。」
     
     回答
     脊柱管窄症と言うのは、骨と骨の間のクッションである椎間板が薄くなりクッションの役目を果たせなくなっている状況です。
     クッションの役目を果たせないという事は、周囲にかかる衝撃を吸収できないことになります。
     

     ではどうしたらいいのか?
      

     それは、なるべく衝撃を与えないようすることです。
     踏んだ時に、余分な衝撃を受けないためには、床と体の間に衝撃を吸収してくれるもの(ブランケットなど)を敷いたり、隙間が出来ないようにタオルやクッションを挟んだりして安定させた状態で踏みます。

     次に注意することは、衝撃を与えないようにゆっくり踏むことです。
     スピードがでると、どうしても衝撃は強くなります。

     あとは、受け手に声掛けをして、状態に気をつけながら踏みます。
     踏まれる側の姿勢も負担がないように、本人に確認を取りながら決めてください。

     順番にはあまりこだわらず、本人に負担のかからない状態で踏めるところから踏んでください。

     

     

     また、ご質問がありましたらお気軽にメールください。
    (回答が遅くなる場合がありますがご勘弁ください。)

    クッキングハウス ラスト

     本日をもって、クッキングハウスのスペシャル健康教室から卒業してきました。 

     ラストと言っても、いつも変らぬメンバーと、いつもと変わらない楽健法のほっこりした時間でした。

     シェアリングでは、皆さんから一言ずつメッセージを頂いて、歌まで歌ってもらいました。

     沢山の人に引き留めていただき、少しもったいない気もしましたが、これで良かったと思っています。

     代表の松浦さんには、「ここは完ぺきを求めている場ではないので、たとえ(腰痛で)楽健法が出来なくても、居てくれるだけで構わない。」と言っていただきました。
     

     本当に、本当に心から有難く思っています。

     でも私としては、「腰痛の悪化で完ぺきにこなせないから辞める」のではなく、私は指導者として楽健法を教える前に、実践者として楽健法に関わっていたいと思っているからこそ、この決断をしました。皆には「自分の体を大切にして!」と言いながら、楽健法を仕事としてやってきた私は、自分の体を後回しにしてきました面があります。自分の体を大事に出来ない人が、他人に自分の体を大切にして欲しいとは言えない気がしたのです。

     今ここで自分の立場を優先して無理をしてしまったら、楽健法をしている私そのものが嘘っぽくなってしまう気がしたのです。

     人はどんなに気を付けていても、病気になったり、怪我をしたりします。
     
     だから、そんな時は、しっかり休んで、元気になったら、またその時に出来ることを始めればいいのだと思います。

     
     8年以上毎月通っていたクッキングハウスですが、これからは地域住民としてかかわっていきたいと思っています。

     
     最後に、今まで楽健法で出会ったメンバーさん、スタッフの皆様、今日会えなかったメンバーさん、全ての人に感謝の気持ちを伝えたいと思います。
     皆さんのお陰で、とても充実した、あたたかい時間をもつことが出来ました。
     皆さんが心と体が、楽健法で楽しく、健やかに過ごせることを願ってます。

     ありがとうございました。

    本日も美味しいランチでした。
    ごちそうさまでした。

    まり子

    宥厳先生の踏み姿

     先日、宥厳先生とご一緒に楽健法をする機会がありまして、先生の踏んでいる横で学ばせていただきました。

     この15年、何十回と先生の踏み姿を見てきた訳ですが、毎回発見があるのと同時に、どうしても分からない事もあります。どっしりとして、且つしなやかな踏み姿、どこにどう力を入れて抜いているのか、見ていても全く分かりません。筋肉に力が入る瞬間が見えないので、アニメーションを見ているようです。ぼぞっと、「何が違うんだろ…」と私がつぶやくと、先生の答えは、「僕は職人だから」と。つまり何度も、何度も同じ動きを繰り返して、余計なものが削げ落ちていく動きなんだと。うーん。結局のところ、繰り返し、繰り返し、やり続ける以外にないという事ですね。

    先生曰く「やり続けているうちに、何者なっていく」のだそうです。

     楽健法の合間には、天然酵母パンについて、あれこれ質問をしてきました。これもまた面白いお話だったのですが、それはまた次の機会に。

     夜は品川で楽健法のお教室でした。残念ながら、私はサロンのニュースレターの入稿に追われて参加できませんでしたが、近いうちにまた品川教室でも学びたいと思います。

     楽健法に興味のある方は、ぜひ先生の教室行ってみてください。
     先生の踏み姿は、何か作品を一つ観賞したような不思議な気になれます。

     

    花粉症

    今年は去年よりも花粉が飛んでいるのでしょうか?

    それとも私が太ったことで水毒になり症状が悪化しているのでしょうか?!

    鼻水とくしゃみが止まりません。

    楽健法で一度は劇的に改善されたはずの花粉症が復活しつつあります。

    ここはもう一度、初心に戻って楽健法をすべきではないかと思っています。

    因みに、一番ひどかった時は、常に鼻がグズグズで腰にコンビニの袋とテッシュboxを括り付け歩いておりました。鼻はずる剥け、軟膏を塗っていいたので、いつもカサカサのべとべとだった花粉症が、朝方少し鼻がムズムズして、磨か役なる程度までよくなっていたのです。

    あのグズグズのカサカサ、べとべとの日々に戻らぬように、楽健法をしたいと思います。

     

    冬は3割増し

    日々、楽健法でいろんな人の体を踏んでいますが、冬は寒さのせいか3割増しで硬くなっています。

    が、今年の冬は5割増し?!
    誰を踏んでも硬いこと、硬いこと。
    カチッと芯が固まっている感じです。

    先日ストレッチワークショップを行ったのですが、ストレッチのコツはまずは体を温めること。

    軽いジョギングをしたり、お風呂に入って、体を温めて緩めてからではないと、筋肉を伸ばそうにも伸びません。
    そういう点では、踏むことで体を温め、踏まれることで体を緩める楽健法は寒い冬に最適。

    暖かい部屋でリラックスして、楽健法で体を癒してください。

     

    楽健法・集中踏み合い会

    12日から3日間、楽健法の集中踏み合い会を行いました。

     

    存分に楽健法と天然酵母パンを堪能してもらえるように、毎日いろんな種類のパンを焼いてみました。

    思いがけない人が飛び入りしたり、ちょっとしたハプニングが続いたもののの、3日間しっかり踏み合い、ランチの天然酵母パンと恒例のカレーを美味しくいただきました。

    今回も皆さん喜んでいただけたようで、企画したこちらとしても嬉しい限りです。

    楽カフェ リニューアル

    2018年より「楽カフェ」がリニューアルしました!

     

    毎月第1日曜日と第4金曜日の10時から17時まで、さぽせるlaboを開放することになりました。

    さぽせるlaboで楽健法を学ばれている人たちの実践や学びの場として、自由にご利用いただけます。

    初めての方は、楽健法やフラワーエッセンスの体験(要予約)も出来ます。

     

    今年初めての楽カフェだったので、くるみとレーズンのパンと、シナモンとくるみの2種類のパンを焼いてみました。勿論、楽健寺の天然酵母パンです。

     

    楽健法をしたあと、酵母パンでまったりのひと時。。。。

    次回は、1月26日(金)です。

    入退場自由で、参加費500円なので、気楽に遊びにいらしてください!!

     

    ストレッチワークショップ

     楽健法って本当にいい健康法なのですが!!

     難点は一人では出来ないということ。
     私のような独り者には、相手を見つけるのが大変です。
     そこで、限られた機会を活かすために、楽健法の前後にストレッチなどのセルフケアを取り入れて、楽健法の効果を長持ちさせています。
     
     ということで、無料のストレッチワークショップを行ってきました。

     ポイント① ストレッチの前に体を緩めること。
     楽健法が出来ればいいのですが、出来ない場合は体を温めたり、揺らしたりして緩めます。
     それからストレッチ!これだけで全然筋肉の伸びが違います。同時にストレッチのやり過ぎによるケガも予防できます。
     
     ポイント② 正しい姿勢で行うこと
     ストレッチをする時に姿勢が崩れていたり、フォームが違うと逆効果に。筋肉を傷めてしまうことあります。その為には、体の土台になっている骨盤周りから緩めて、整えます。(これも楽健法を行うとあっと間です。)

     ポイント③ 力を入れない
     ストレッチの効果がうまく出せない人の中に、力を入れ過ぎている人がいます。

     力を入れる=筋肉の収縮ですから、これもストレッチとは逆の行為です。
     トレーニングの時は、トレーニングをする部位を意識すると効果が高まりますが、ストレッチの場合は意識しすぎてはいけません。力を抜いて、体の重みや、呼吸のタイミングを利用して伸ばします。

     

       ポイント④ バランスよくおこなう 
     ストレッチには大きく分けて屈曲、側屈、背屈、回旋があります。でもほとんどの人が、屈曲ばかりやっています。これでは体のバランスが悪くなって、姿勢が悪くなって、一部に負担がかかって・・・と逆効果です。やるならバランスよく行う事が大切です。

     その他、ストレッチを効果的に行う方法はいろいろありますが、今日のワークショップはここまで。
     ワークショップの後は、楽健法で再びまったり。