あけましておめでとうございます

     毎年恒例の遅ればせながら

     明けましておめでとうございます。

     本年もよろしくお願いいたします。

     

     毎年同じことを言っているのですが、年末年始はいつもバタバタしていて、やっと落ち着いたころに、自分の誕生日がやってくるので、私の中では毎年1月16日が一年の始まりということにしています。

     ついでに言うと、私は山羊座ですが占いは水瓶座を見ることにして、777より249がラッキーナンバーと言うことにしています。

     このように、誰しも「自分ルール」のようなものが、多かれ少なかれあるかと思います。

     今、その自分ルールのことでとても頭を悩ましています。

     

     それは父のセルフケアです。 

     

     父は、去年の自粛期間中に一気に体力が落ちてしまい、本人は頑張っているのですが、なかなか元の体力に戻せずにいます。私は実家の近くに住んでいるので、週1.2回は父のセルフケアを見に行っているのですが、こちらの意図が上手く伝わらず、効果が上手く出せていません。

     

     と言うのも、私の父にも多くの自分ルールがあって、そのルールを理解することと、そのルールを活かしつつ効果的なセルフケアをしてもらうのは至難の業なのです。

     

     人の持つ「自分ルール」には、一般的な理屈は通用しません。

     その人、その人、それぞれの自分ルールなので、訊けばそれなりに理由はあるのですが、私の自分ルールのように、けして論理的なもの、合理的なものではないものも多いのです。ですから「こうこうこういう理由だから、これをやって欲しい。」と言っても、自分ルール外のことだとなかなかやってもらえません。こういう場合は説明や説得はあまり効果がありません。その人のルールを解読して、納得のいく方法を提示できるか⁈が、セルフケアを継続し、効果が出せるかどうかが決まってきます。

    同時に、サポートする側は相手のルールを受容しながらも、現実的に効果のある方法を提示しないといけないので、その折り合いが難しいのです。その人の意見を聞きすぎれば効果は期待できませんし、こちらのやり方を強要しても長くは続かないからです。

     

     具体的に例を挙げると、父の場合は歩くことが大事だと思っているので、どんなに疲れていても、痛みがあっても歩いてしまいます。更に、自分の作った目標歩数があり、体調でなく、数に重点が置かれてしまいます。

     しかし、しっかり歩くためには、疲れと痛みをとってしまった方がいいのです。

     疲れをとるには、まず睡眠と食事の質が大切で、痛みをとるには体を温めること(血行を良くすること)、緩めること、負荷がかからないゆるーい運動(寝たまま、座ったままできるストレッチや小まめに動くなど)が、重要なのです。

     

     私の父の場合は、「数」へのこだわりと「決めたことはどんなことがあっても実行する性格」がポイントなので、目標を数値で表した負荷のかからないトレーニングとストレッチ法を体力や体調に合わせて提示しなくてはいけません。

     

    *実は本当に困っている父の謎の自分ルールは他に数多く存在していて、とても難解で面白いのですが・・・ここでは健康にまつわるものだけにしておきます。

     

     誰しも論理的、もしくは合理的でないと分かっていても、変えられない考えや習慣、ジンクスなどの自分ルールがあります。それをいかに有効に活用できるか?!が今年の「さぽせるlabo」のテーマです。

     

     今年も『Support self help laboratory』の名前の通り、効果的で、みんながこころ豊かになれるセルフケアをサポートする工夫(研究)をしていきたいと思います。

     

     

    緊張しやすい人

    私は月に1度歌を習いに行っています。

    時間がある時は、しっかり上半身をストレッチして行くのですが、その時は面白いくらい声が楽に出ます。

    なぜかと言うと・・・

    呼吸を深くしたいと持った時、たくさん息を吸おうとする人がいますが、実は吸ったから空気が入るのではなく、肺が広がるから空気が入ります。この事を知らずにいると、思いっきり吸おうと思えば思うほど逆効果になることがあります。鼻や口からたくさん息を吸い込もうとすると、喉や肩に力が入ってしまします。それでは肺が広がりません。むしろ息を吸おうと思わず、横隔膜を下に押し広げて、肋骨を開くと肺が広がり、自然と空気が入ってきます。その時に重要なのは筋力ではなく、柔軟性です。(勿論、筋肉も必要ですし、息をキープしながら吐く時は筋力が重要です。)なので、歌を歌う時も、スポーツをする時と同じように、ウォームアップ次第でパフォーマンスが変わってきます。

     

    で、タイトルの「緊張しやすい人」です。

    緊張しやすい人は、緊張するとリラックスしようと深呼吸しようとします。

    これが逆効果。

    たくさん息を吸い込もうと思えば思うほど、力が入って、喉が詰まり、肩が上がって、呼吸が浅くなります。その浅くなった呼吸に意識がいくと、息苦しくなったり、呼吸がかえって早くなって、緊張しているという認識が強くなってしまいます。

    そこで、大切なのは、緊張しやすい人は、日ごろから肋間筋と横隔膜の柔軟性を高めておくといいという事です。緊張しないというのは難しいけど、柔軟性を高めておくことは誰でも出来ます。

    精神的に緊張しやすい人は、体を緩めて、体に気持ちを引っ張てもらう。

    心と体は繋がっているので、日ごろから体を味方につけておくことが出来れば、緊張も恐くないかも・・・。

     

     

     

    男性クラスは難しい…けど!

    4月から楽健法の男性クラスを設けましたが、全く人が集まりませんでした。

    男性に健康法に興味を持ってもらうのは本当に難しいです。

    そこで、代わりにこんなアイディが出てきました。

    楽健法はとりあえず棚上げして、

    父子の交流の場「父子カフェ」をやってみてはどうか?!

    と言うものです。

    心の病を抱えた家族を見守るのは、どうしても母親の役目になりがちです。

    父親は仕事があって、なかなかじっくり向き合う事が出来ない。

    でも、お父さんだって一生忙しいわけではありません。

    仕事がひと段落して、やっと家族と向き合えるという事もあるのです。

    けれど、いざ時間が出来てもどう向き合っていいか分からない。

    そんな父子のためのグループワークです。

    お茶を飲みながら、日々の課題を一緒に考える。

    そんな時間はどうでしょう?

    そんな時間を設けているうちに、一緒に体も動かせていけるようになったらいいな。

    その時は、言葉以外のコミュニケーションとして、楽健法の男性クラス復活もできたらいいと思います。

    トレーニングの鉄則

    今日はちょっとプライベートな話。

     

    私は高校時代、「演劇科」なる高校に通っていました。

    そこでは、毎日歌ったり踊ったりしていました。

    今も歌は大好きで、高校時代の友人や先輩と歌っていて、夏には小さな発表会を行います。

     

    そこで本日は友人と歌の練習。

    が・・・最近ガクンと落ちた筋肉。特に腹筋の低下は著しく、思ったように声が出ません。

    そこを無理して出そうと思うと、肩や喉の力で息を押し出そうとするので、のどが絞まって更に声が出なくなります。これこそ正に代理運動!

    代理運動とは、筋力不足を補って、本来使うべき部位ではない筋肉を使って運動することです。こうすることでどんどん体のバランスが崩れていきます。

    出ないなりにもお腹を使って歌っていけば、練習していくうちに腹筋が付いてくるのでしょうが、

    これだとやればやるほどお腹に力が入らなくなっていきます。

    頑張っているのに成果が出ない。むしろ弊害が出てくる。

    あ、なんかこんなことほかの場面でもよくある気がする。

     

    体づくりをする時の鉄則ですが、「自分のレベルにあったトレーニングをすること。」

    結局は一つずつ積み上げていくしかないんですよね。

    そんなことを思い返す出来事でした。