臨時休業中

     今夜にも主要都市に緊急事態宣言が出されると思われますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

     今回のコロナウイルス関連に強い不安やストレスを感じている人や、自分の行動に迷っている方も多いのではないでしょうか?

     

     さぽせるlaboは3月29日から臨時休業し、10日が経ちました。

     昨日、クッキングハウスで毎月行っているスペシャル健康教室をお断りしたので、全ての活動をお休みすることになりました。

     と言いましても、その前は坐骨神経痛の悪化でほぼ休業。その前もひたすら籠ってサイコドラマの本に集中していたので、あまり変わりがないと言えば変わりがありません。(今も第2稿の直しをしています)

     そんな私ですが、コロナウイルスに対の考え方は、2ヶ月前からあまり変わりがありません。

     個人的には、格別他の病気に比べて恐ろしいウイルスだと思っていません。(勿論、恐くない訳ではありません)

     では、なぜ活動を全てお休みをしているかと言いますと、理由は医療崩壊を恐れているからです。

     と言うか、既に日本でも医療崩壊は始まっていて、この現状を私はとても警戒しています。

     世界の状況を見ていると、ウイルスは同じなのに、全く重症患者数や死亡率が違います。

     これは何を示しているのかと言えば、医療体制やそれ等と関連する環境の差だと、私は思っています。

     医療が機能しなくなれば、コロナウイルスに関わらず、ありとあらゆる病気の危険性が一気に増します。例えば、病院が機能しなくなれば、妊婦さんは家で一人で出産しなくてはいけなくなりますし、透析をしている方は成すすべがありません。いくら治療法や薬、ワクチンが合っても、活用できなければ、病気やウイルスの種類に関係なく、私たち個人はとても無力です。その危機感が薄い国、地域、人が、今回の危機を広げているのだと思っています。そして、そのしわ寄せが弱者へと向かっています。

     ちょっと?かなり?大袈裟に聞こえるかもしれませんが、私はそう思っています。

     個人的には活動することは出来ますし、活動しないことは死活問題です。しかし、社会全体を考えれば、医療体制が整うまでは、出来る限り活動を止めた方がいいと思っています。「何もそこまで!」「仕事はしてもいいのではないか?」と思うかもしれませんが、ウイルスは遊びか仕事かを区別して感染している訳ではありません。仕事であろうとなかろうと、活動を止められる人は止めて、医療や福祉、流通、公的機関を優先させた方がいいと思っています。または、活動の仕方を変えられる人は変えた方がいいと思います。そして、余裕のある人はこの状況でも生きていかれる新しい道を模索した方がいいではないかと思っています。

     と言うと、私がとっても余裕があると思われるかもしれませんが、個人事業的には瀕死の状態です。

     でも、幸いなことに、私にはそれを支えてくれる家族や友人がいます。頼りないですが国の公的制度もあります。

     誰かに何かをしてあげることは出来ませんが、せめて今は活動をお休みにして、物理的な移動や直接的な接触がなくても出来ることを模索したいと思います。

     

     という事で、まずは本の原稿の続きをしたいと思います。では・・・。

     

     

    あれから3週間経って

    東京都から、「不要不急の外出を控えるように」とのお願いがありましたが、皆さまいかがお過ごしですか?

    私はコロナウイルスとは全く関係なく坐骨神経痛の悪化で立つこともままならず、1週間ほど前から一人勝手に自粛生活を送っておりました。
    そして、この3週間のことをいろいろと思い返していました。

     

    私は3週間前にブログに下記のようなことを書きました。

    『新型コロナウイルスについて、国の危機と個人の危機を分けて考える必要があるのではないか?…その上でこれからの状況を注視する必要がある』と。

    で、今この内容を改めて考えると、この3週間で国の危機と個人の危機の距離が近づいてきたと言う印象です。

    と言うのは、『医療崩壊』が現実味を帯びてきたからです。

    正直なところ、国の対応がここまで酷いとは思ってもみませんでした。
    何が酷いって、ほぼ何もしていない。現状が全く分からないと言うことです。

    国も都も明確なことを全く言わず精神論ばかりです。検査をしてないわけですから、死者が出ていても原因が分からないので、例えコロナウイルスで亡くなっていても肺炎や敗血症などに紛れてしまいます。
    そう、日本の肺炎死亡数は12万人。この中に何百、何千人の感染症がいたとしても分からないわけです。

    これでは、対応も遅れてしまいますし、後で検証することすら出来ません。

    また、明確な指針を出さなかったことで、(1番怖いのは医療崩壊だ!それを防ぐため対策であると強く訴えなかった)ことで、コロナが発見された後にも関わらず、日本人は海外旅行へ行き、欧米からの観光客、帰国者を何の対策もなしに受け入れてしまいました。ここで一気に市中感染が広がったのではないかと考えられます。
    実際のところ、政府も医療崩壊の意味が分かってなかったのではと疑いたくなります。

    一度、医療崩壊が起きれば、個人ではどうすることも出来ません。

     

    と言う事で、国の危機と個人の危機が近い出来てしまいました。

    しかし、嘆いてばかり要られません。

    やはり私たち一人一人が出来ることは、前回のブログの内容と変わらず、マスク、うがい手洗い消毒を徹底して、いつも通り健康を保てるように、よく食べて、よく活動して(活動範囲は抑えて)よく笑って、よく寝て、そして、他者の助けが必要な人がいれば、出来る限り支えてあげればいいのだと思います。(出来ないことは無理しない)

    そこに加えて、自分が無症状の感染者かもしれないと想定して活動することです。
    決して、ウイルスの媒体にならないようにすること。

    そして…

    続きは坐骨神経痛が落ち着いたら、また書きたいと思います。

    よく食べて よく活動して よく寝る + 楽健法

     巷ではコロナウイルスの話でもちきりです。
     場所によっては街から人が消えてしまったところもあります。
     そんな状況をテレビで見て思う事があります。

     それは、国の危機と、個人の危機を分けて考える必要があるのではないか?ということです。

     新しいウィルス。確かに、どんなものか分からず、これからどのように変異していくがわかりませんので、注視していく必要があります。また、隔離が必要になる事から、一気に広がると医療現場の崩壊を招きかねません。結果、他の患者さんたちも医療が受けられなくなるという、最悪の結果を想定して、国は全力で防がなくてはいけません。私たち一人一人も出来ることは協力し合う必要があると思います。

     
     が、個人の危機として考えると、必要上に恐がる必要はないと思うのです。

     コロナウィルスは(おそらく)飛沫感染と言われています。うがい手洗いの仕方、タイミングを間違えなければ、かなりの感染を防ぐことが出来るようです。こまめな換気、こまめな水分補給で喉を潤しておくことも効果的と言われています。

     因みに、今年のインフルエンザの感染者数は、うがい手洗いを徹底したことによって(温暖などのたの要因も考えられます)400万人も減少しています。
     勿論、コロナウイルスはインフルエンザよりも潜伏期間が長く、無症状感染者もいるなどの違いもありますので、分かっている範囲での対応も必要です。
     
     ここで「?」「こんなに大勢インフルエンザにかかっているの?」と思った方も多いのではないでしょうか?
     実は、日本ではインフルエンザに感染している人は1シーズンに1000万人以上います。
     そして、毎年数千人の方が亡くなっています。予防接種や薬があってもです。
     インフルエンザをきっかけに肺炎など、他の病気を併発して亡くなられる方は1万人以上になります。
     因みに肺炎は年間12万に近くの人が亡くなっています。
      
     そして、亡くなられているのは高齢者や持病のある人など、体力がない人達が殆どです。
     インフルエンザでなくても、風邪や下痢、骨折など些細なことをきっかけに亡くなる方も少なくありません。体力のない人にとっては、コロナウイルスが特別に脅威をもたらしている訳ではないのです。そこを冷静に見ていかないといけないと思います。

     コロナウイルスと言う得体のしれない新たなウイルスは国を挙げて、注視し、対応していかなくていけませんが、 私たちは一人一人、いつも通り健康を保てるように、よく食べて、よく活動して、よく笑って、よく寝て、そして、他者の助けが必要な人がいれば、出来る限り支えてあげればいいのだと思います。
     だからこそ、出来る限りの注意を払った上で、楽健法は続けていきたいと思っています。

    天国か?地獄か?~サイコドラマ本の出版記録~

     先月、やっと、やっと、第一原稿の7割を書き上げ、協力してくださる方々に原稿を送り、チェックをしてもらっていました。
     その後、皆さんに修正箇所や検討課題などのご意見を頂いて、第二稿に入るわけですが…。

     今まで、原稿を書いていてすごく思うことは、「いろいろオシイ!!」です。
     

     何がオシイかと言うと、サイコドラマって、すごく、すごく面白そうなのに、原稿からその面白さが伝わってこないんです。
     私はサイコドラマの体験をちょっとしかしていないので、こんな偉そうなことは言えないのは分かっているのですが、それでも資料を調べたり、父の話を聞いていたら、もっといろんな可能性に満ちていて、使い方によっては本当に面白くなりそうなのに、ちっとも面白さが伝わってこない。父曰く、「やってみれば分かる」と言うのですが、やってみようと思わせるだけの魅力を本で伝えないといけないと思うです。

     あー、もどかしい!!

     

     そして昨夜、原稿チェックしてくださった皆さんの意見を基に、今後の修正方向を検討しました。

     が・・・・パニック!!

     全くどうしたらいい分からなくなってしましました。

     そして、今、途方に暮れてブログを書いています。

     

     でも、「そんな危機にこそ成長のチャンス、幸せのチャンスある!」

     それが、今回の「増野式サイコドラマ」のテーマです。
     さあ、私の成功へチャンス、私の幸せな時間やってこい!

     では、地獄のような天国に行ってきます。

    やり残したこと

    今年もあと1ヶ月。年々、時が経つのが早くなっていく気がします。

     

    事業記録を見ながら、2019年にやり残したことはないかと考えてみました。

    ・ サイコドラマの原稿 → 現在70%の第1稿まで。

    ・ HPの修正 → 現在スケジュールとブログのみ公開。他はメンテナンス中。

    大きなところではこの2つ。なんとか今年中に目途をつけたいと思います。

     

     

    せっかくなので出来たことも確認したいと思います。

    ・ プラクティショナー講座2クラス終了

    ・ さぽせるlabo再スタート

    ・ ストレッチクラススタート

    ・ クッキングハウス再スタート

    ・ 楽カフェ企画 無料体験会実施

    ・ 集中踏み合い会開催

    ・ 品川教室受講

    2018.2019年と腰痛とめまいに悩まされた1年半でしたが、後半はなんとか立て直して、再スタートを切ることができました。

     

    おまけでプライベート

    ・ ダンス再開 念願のステージに立つ

    ・ BTSドーム、スタジアムツアー参戦 ファンミ参戦

    体調を崩した前半はBTSに励ましてもらい、後半は歌とダンスBTSでした。

    今日も歌とダンスのレッスン。合間に、新大久保でBTSのメンバーの誕生日をお祝いかねてランチ会(ただのランチです)。

     

    とても辛かったような、とても充実していたような1年でした。

    残り1か月は、健康に気を付けながら、上記のやり残したこと、やってきたことをギュッと詰めてやっていきたいと思います。

    皆さんも健康で1年を締めくくれますように。

     

     

    めまい

    今年の4月、とても酷い「めまい」に襲われ、大変な目に遭いました。

    そこで、いろいろと本やらネットやら、自分自身の今までの勉強を思い返して、試行錯誤しています。

     

    首には血管やリンパ管、自律神経と、細いなかに重要なものが巡っています。

    これらが首の筋肉の張りで圧迫されると、自律神経が乱れ、血流不足が起こり、目や耳、脳周辺の様々な問題を引き起こし、その結果の一つとして「めまい」も起こることが考えられるようです。その他、心因性などもあり、原因は様々です。

     

    私のめまいの原因は何だっかと言うと、いろんな要素が合わせっていたと思います。

    病院の検査では、主な原因は「高熱による内耳の炎症」と言われましたが、その他、様々なタイプのめまいも発症していいると言われました。

    実は高熱を出す前から、度々、首を寝違えるようになっており、どうもそれも原因の一つだったように思います。おそらく、パソコンやスマホのやり過ぎです。

    その他、昨年の4月末に狭窄症を悪化させて年ヶ月も寝込んでしまった事から、「また悪くなるのではないか?」と不安もあり、余計に緊張していたのかもしれません。

    兎にも角にも、様々な原因から起こるめまい。

    しかし、原因は何であれ、首のコリが大きな要素になっているのは間違えなさそうです。

    こんな時、楽健法が一番いいのですが・・・

     

    最近、私のまわりの楽健法も大変そうで、なかなか思うように踏み合いが出来ません。

    という訳で、毎月、楽健法の無料ワークショップを行っています。

    楽健法仲間をどんどんつくって、目指せ元気な50代!!

    クッキングハウスに復帰!!

    昨年の4月に持病の頚椎症性脊髄症を悪化させて、しばらくお休みさせて頂いていましたが、10月からクッキングハウスのスペシャル健康教室の楽健法に復帰させて頂きました。

    1年経ってもクッキングハウスの心地よい雰囲気は変わらず、温かく受け容れて頂きました。

    が!初っ端から手痛い指摘も・・・

    「まり子先生太りました?」

    「はい。太りました…」

    腰痛の最大の敵・・・ダイエットしなきゃ。

     

    という事で、近いうちに言いご報告が出来るといいのですが。

     

     

     

     

    クッキングハウスに出勤

     

     

     

     

    楽健寺の天然酵母パン

    楽健寺の天然酵母パンの酵母をリフレッシュしました。

    夏場は酵母の管理が難しいので…という言い訳のもと、しばらく酵母を放置。

    恐る恐る酵母を覗いてみると、些か元気のない様子。

    それはそうですよね。

    ごめんなさい。

    ということで、いつものようにリンゴ多めでリフレッシュ。

    そして、一日経った酵母で、早速パンを焼いてみました。

    う~ん。

    香りがイマイチ?

    あ、でも味はいい感じです。

    週末のワークショップに備えて、もう一度リフレッシュして、香りも取り戻したいと思います!!

     

    再開から1ヶ月

    早い!

    兎に角、時間が経つのが早い!

     

    サロンを再開してから1ヶ月が経ちました。

    一番心配していた腰痛悪化で、再び休業・・・。

    という事態にはならず、とりあえず順調に再スタート出来ました。

    これも、私の状況を理解して、待っていてくださった方々のお陰です。

    10月からはクッキングハウスの楽健法教室も再開する予定です。

     

    ただ一つ問題が!!

    現在は、サロンと徒歩10分の実家を行き来する日々で、徐々に太り出している私・・・。

    今までは、重い荷物を持って毎日、隣の駅のサロンまで歩いていたので、運動不足は否めません。

    更に、今まではいつお客様が来るか分からない状態でサロンで待機していたので、そこそこ緊張を保っていたのですが、今の私のだらしないこと・・・。

    暑さのピークも過ぎたようなので、そろそろ本格的に体を動かしていかないといけないと思う今日この頃です。

     

    サイコドラマ本 出版記録

    休業期間中、寝込んだり、遊んだりしていただけでなく、うーっすら仕事もしてました。

    父のサイコドラマの本出版のお手伝いです。

    で、それでつくづく思った事があります。

     

    最近、れいわ新選組から当選した木村英子さん、船後晴彦さんのお二人。

    お二人は登院するにあたって大きな壁にぶつかっています。

    それは介護サービスを受けながら仕事をすることが出来ない事。

    通勤や仕事の最中は介護サービスが受けられないと言うルールです。

    逆に言うと、介護をサービスを受ければ立派に仕事が出来るのに、それを国が支援していないという事。

    変な感じです。

    これでは、何もしないで、ただじっとしていろと言っているようなものです。

     

    父も同じ。

    御年87歳。

    1人で遠出するのは難しくなってきているので、姉が付添っています。

    サイコドラマの本の執筆もしかり。

    今までの積み重ねてきた豊富な知識と経験は、自分の親ながら凄いと思います。

    ただ、歳をとったことで、体力や集中力が続かず、文章の端々に疲れや妥協が出てきてしまうのもしばしば。今までの様に一気に何百枚もの原稿を書くのは難しいのは現実です。

    でも、ここに他人のサポートが入れば、とても貴重な資料が出来ると思うのです。

    だけど、それを年寄りの道楽のように言う人もいます。

    そうなのかな。

    議員や医者でなくても、まだまだ人と支え合えばいろんなことが出来るのに、人を活かそう!って方向になかなか進んでいないようです。

    生産性や効率ばかりに気をとらわれず、人が活き活きと生きられるそんな社会であって欲しいと思います。少なくとも、私はそう言う社会で働きたいと思います。