さぽせるlabo プログラム

プログラム名 所要時間 内 容 料 金
★ 楽健法初心者コース 150分 全10回
楽健法の基本を習得するクラス
初級クラスを10回受講
30,000円
1回 3,500円
★ 楽健法クラス 150分 楽健法、60分ずつの踏み合い
初心者コース修了者対象
2,500円

  楽健法中級クラス 150分 初心者コース受講後、20回以上楽健法クラスを受講し、指導なしで全身の楽健法が行える人対象
1年以上のブランクのある人要相談
1,000円
  プラクティショナー講座 150分 全12回
楽健法のグループリーダー(兼インストラクター)、
楽健法を用いたボディケアサポーター養成講座
50,000円
  さぽせるクラブ 楽健法の活動する人のスキルアップグループ
プラクティショナーコース修了生で、さぽせるクラブの基準に達した人対象
入会金
1,000円
★ 楽健法・個人レッスン 90分 楽健法の個人レッスン
2人以上で受講さ入れる場合は
1人につき1,000円割引
5,000円
★ マークのプログラムはプログラムスケジュール以外の時間にもご希望に合わせてご受講できます。詳しくはお問い合わせください。

楽健法教室・受講の流れ

楽健法教室では、皆様のニーズに合わせて学べるようニーズ分け、レベル分けをしています。
さぽせるlaboを始めてご利用の方は、必ず、「楽健法初心者コース」の受講をお願い致します。

  • 楽健法初心者コース

    楽健法を初めて学ぶ人のクラス

  • 楽健法初級クラス

    初心者コース修了者の実践クラス

  • 楽健法中級クラス

    経験者の実践クラス

  • 楽健法プラクティショナー講座

    踏み合い会のグループリーダー、楽健法ボディケアサポーターを目指す人のクラス

  • さぽせるクラブ

    プラクティショナーコース修了者で、入部基準に達した人の倶楽部

さぽせるクラブとは?

「さぽせるクラブ」とは、楽健法で自分の健康を支えるセルフヘルプグループ(踏み合い会)づくりと、楽健法で周りの人の健康を支えるサポーター活動(自宅、サロンでのボディケア)に、安全に取り組むための、知識と技術の向上を目指した「さぽせるlabo」主導のクラブです。

 主な活動は、会員の知識と技術を保つための、機会と場を設け、会員自らがお互いの知識と技術を評価し合います。また、会員同士の情報交換と交流の機会を設け、活動を支え合います。

  • yumiko_mashino
    さぽせるクラブ 準会員増野 由美子
    2003年 楽健法初伝終了
    2006年 足反射区健康法上級コース修了
    (日本足健アカデミー)

    【ごあいさつ】

    頭痛、不眠、疲れやすい…。不定愁訴の塊みたいだった私も、踏んで踏まれて楽健法で、徐々に体力もついてきました。人生で今が一番元気かも。
    部活男子の息子とも、楽健法のお陰で良好な関係!
    家事、育児、仕事…心身ともにストレスの溜まる毎日ですが、みんなで楽しくし健康に生きて行けたらと思います。

    さぽせるlaboでは、第2金曜日の踏み合い会のリーダーを務めています。

  • kyoko_kojima
    さぽせるクラブ 準会員小島京子
    調布楽健法友の会会員
    楽健法初伝修得
    2013年 さぽせる・楽健法プラクティショナー講座修了
    公益社団法人 自彊術普及会会員

    【ごあいさつ】

    楽健法に出会ってから 友人家族等 自身も含め皆が心身共に楽になってきている事を嬉しく感じています。調布友の会でのゆったりとした雰囲気の中で仲間たちと踏んで踏まれても至福の時。各地域に仲間ができる事も目標に。

    さぽせるlaboでは、第4火曜日の踏み合い会のリーダーを務めています。

  • 佐藤充子
    さぽせるクラブ会員 佐藤充子
    癒し空間ソアン主宰
    1947年岩手県奥州市生まれ
    東京音楽大学声楽科卒
    2006年癒しサロンソアン (仏語で手当)を開設。
    2009年盛岡楽健法友の会を立ち上げ、会のメンバーと被災地へのボランティアも実践。
    2013年 さぽせる・プラクティショナー講座修了
    現在はサロンの他、盛岡市立病院の患者さんやデイサービスでのケア、各地で歌の指導もしている。

    【ごあいさつ】

    自らの体調不良、父、叔母のがん、母のうつなどの家族ケアの経験から手を握る、痛いところをさする等肌と肌の触れ合いは不安な感情や痛みを和らげてくれると実感し、2006年に癒しサロンソアン (仏語で手当)を開設しました。後に楽健法と出会い、最初は足で踏むなんて一度も見たことがなく半信半疑でしたが、やってみるととてもシンプルで、誰にでも出来ることが魅力的でした。楽健法友の会を立ち上げた時、「踏める方が増えたらボランティアが出来る!」とふと思ったものでした。現在はサロンの他、盛岡市立病院の患者さんやデイサービスでのケア、各地で歌の指導もしています。

  • 佐々木さん
    さぽせるクラブ 準会員佐々木由紀子
    盛岡市出身・看護師
    公認日本バリデーション・ワーカーコース認定
    元 京都府看護協会専務理事
    盛岡・楽健法友の会会員
    2013年 さぽせる・プラクティショナー講座修了

    【ごあいさつ】

    親友kが若年性アルツハイマー病を発症し、未熟な6年間の看護を反省しバリデーションを学び、その後、癌を発症した親友Rのケアをする為、レイキ療法やタクティールケア、楽健法を習得しました。親友が死を迎える時まで、学んだ事柄を実施して心身共に癒すことが出来ました。ここ数年は、姉、妹に楽健法を継続的に実施すると共に、被災地にボランティアに行き大変喜ばれています。