トリートメントボトル

    久しぶりに自分にバッチフラワーのトリートメントボトルを作ってみました。

     

    最近、とても疲れているので「オリーブ」

    疲れすぎて判断力が落ちていると感じるので、「スクレランサス」と「ホームビーム」

    ある悪習慣が続いているので、「チェストナットバット」

    あー、ヤダと投げ出したくなった時のために、「ウィロウ」

     

    とりあえず、昨夜はこのおかげでゆっくり休めた気がします。

    お陰で本日の「なんちゃって天然酵母パン種づくり」は無事成功!!

    新しいメンバーも増えました(^^)/

     

     

    フラワーレメディ・ワークショップ

    「フラワーレメディ・ワークショップ」を開催しました。

    フラワーエッセンス

    フラワーレメディとは、お花のエネルギーを借りて心のバランスをとる花の療法です。

    フラワーレメディの使用方法は、まず傷ついた心や偏ったマイナスの心情に合わせ、花のレメディを選び、オリジナルのトリートメントボトルを作ります。それを日常的に飲用することで、心のバランスをとっていくのが一般的です。しかし、自分に合ったレメディを探すのが難しい場合は、プラクティショナーと呼ばれるカウンセラー兼、アドバイザーが当事者の話を聞いて(個人セッション)、トリートメントボトルを作成します。

    本日のワークショップは、個人セッションではなく、フラワーレメディの紹介と、各自が自分で自分に合ったレメディを選べるように学んでいただくワークショップで、参加者の皆さんには、ワークショップの後半で、各自ご自分のトリートメントボトルを作成してもらいました。

    今回参加された方々は、フラワーレメディ初体験の方たちばかりだったので、とりあえず、しばらくの間トリートメントボトルを飲んで、心の変化を楽しんでもらいたいと思います。

     

    フラワーレメディには、私も何度も救われました。先日のぎっくり腰の時も使用していました。その甲斐あって、ダメージを最小限に抑えることが出来たと思っています。

     

    img_0747

    お花のレメディは38種類。

    慣れるまで選ぶのが大変!

    でも選んでいくうちに思いがけない自分の一面に気づかされたりして面白い♪

    img_0749

    顔出しするのが恥ずかしいので雰囲気だけ伝えようと思ったら・・・

    てんこ盛りのお菓子が際立ってしまった。

     

     

    興味のある方は是非お試しください。

    個人セッションだけでなく、本日のようなワークショップもご希望に応えて行う事が出来ますのでご相談ください。

    個人セッション : 30分3,500円 (初回40分)

              * 2回目以降トリートメントボトルを持参された方は500円引

    因みに、フラワーレメディはそこそこお値段が張るものなので、ワークショップに参加してくださった方々には、その後も続けていただけるようにアドバイスとトリートメントボトルの作成を低料金でご用意しています。

    料金:3回 3,000円

    言いっぱなし、聞きっぱなし

     前回ご紹介した「まっしーカフェ」の追記です、

     「言いっぱなし、聞きっぱなし」のグループワークと言われてもピンとこない人がいるかと思いますので、今日はその説明をしたいと思います。

     「言いっぱなし、聞きっぱなし」とは、読んで字のごとく、「言いたい事を言い、それをただ聞く」というグループワークです。
    多くのグループは、グループ構成によって大きく内容が変わってきます。大抵の場合は、積極的な声の大きい人が常に話の中心にいて、グループ内で発言の量に大きな差が出てきてしまいます。ですから、話をする人はいつも話をする人、話を聞く人はいつも話を聞く人に偏ってしまいます。そこで、「言いっぱなし、聞きっぱなし」のグループワークです。

     自分の話したいことをただ話す、聞きている人はその話をただ聞く。けして、意見や批評をしない。というのがルールです。

     そのグループを活性化し、見守るのがファシリテーターです。

     さぽせるlaboで大切にしていることの一つに「バランス」と言うのがあります。

     話すばかりではなく聞く。
     聞くばかりでなく話す。

     サポート受けるるだけでなくサポートする。
     サポートするだけでなくサポート受ける。

     一つの役割にとどまらず、立場を変えて、視点をかえて、行動してみる。
     そうすることで何か見えてくるかも。
     見えてこなかったら、見えるまで、いろいろ視点を変えてみる。
     それが出来たら行き詰った時に、何かを糸口が見るかるのかもしれません。

     

     余談ですが、「裸の大将」というドラマで山下清がお金を持たず、行く先々でおにぎりを貰いながら旅をしているのですが、ある時「もしおにぎりがもらえなかったどうするの?」と聞かれて、「もらえるまで歩くんだな」って言ってました。
    原則はシンプル、方法は多様なのかもしれません。

    オープニングイベントでフラワーレメディ

    一般の方に向けてお披露目会ということで、プログラムの幾つかを体験してもらいました。

    その中でも反響が大きかった(というと大げさですが)のは、フラワーレメディ。

    興味を持たれている人が多いようでした。

     

    フラワーレメディとは、「アロマと同じようなもの?」とよく聞かれますが、全く違います。

    フラワーレメディにもいろいろあるのですが、ここで行っているのはバッチフラワーと呼ばれるものです。

    38種類あるフラワーレメディの中から、自分に心の状態に合わせてレメディを選び、

    そのレメディをブレンドしてオリジナルのトリートメントボトルを作って飲みます。

    そうすることによって、心がバランスを取り戻し、自らを癒していく・・・

    と、簡単に説明をするとそんな感じです。

     

     

    皆さん、レメディの説明を受けた後、自分でトリートメントボトルを作って帰られました。

    さて、どんな変化があるかお楽しみ♪

     

     

    通常は、バッチフラワーは1対1のセッションで行います。

    体験されたい方は、セッションのご予約をしてください。

    また、レクチャーを受けたい方は、何人かのグループでお申込みいただければ、ワークショップを行います。

    おまけ・・・

    毎月第1月曜日に行う「楽カフェ」では、フラワーレメディの体験もできます。

    (*トリートメントボトルを作りたい方は、ボトルとミネラルウオーターをご持参ください。)

     

     

     

    フラワーエッセンス