私の本棚 その2

    前回の、私の本棚紹介の続きです。

    今回は、心の健康に関する本や、セルフケア関連の本、楽健法をを教える時に役立つ本などを紹介していきます。

     

    が、今回も紹介の前に一言。

    本は繰り返し読むといい本と、時代の流れをつかむための本(1度読めばいい)があると思います。

    でもそれは1度しか読まないから良くない本という訳ではありません。大きく心を動かされたとても素晴らしい出会いもあります。しかし残念ながら、後者の本はここではご紹介していません。それはまた次の機会に・・・。

     

    〈心の健康の本〉

     

    クッキングハウスの本。生活の中でイメージしやすい1冊。

     

    以外と身近な発達障害の本。最近は子共にも読める本のたくさん出ています。

     

     

     

    〈セルフケアの本〉

     

     

    ちょっと難しいかもしれませんが、体を動かすという事がどういうことかがよく分かる本。

    楽健法の体重移動が出来ない人にもおススメ。

     

    〈人に何かを伝える技術〉

    この本はコーチングの本ですが、楽健法を教える場合はティーチングの本も役立つかもしれません。

    これ系の本も、最新のモノが沢山出ているはずです。

     

    凄く助けられた1冊。(また読んでみよっと・・・)

     

    最近は図書館で新刊を取り寄せてもらって読むことが多いので、情報が古いものばかりですいません。

    兎にも角にも、何の分野も本は1冊ではダメだと思います。

    いろんな視点で書かれた、いろんな表現で書かれた、時代時代の本をたくさん、まはたは何度も読み返してみて初めて、最初に読んだ1冊の意味が分かってくると思います。

    是非、たくさんの素敵な本に巡り合ってください。

     

    因みに、ここでは楽健法や健康に関係する実用書ばかりをご紹介しましたが、私個人できには詳説たドキュメンタリーも大好き。なかなか時間がなくて最近は思うように読めていませんが、いつの機会に私的な本のお話も出来たらと思います。

    私の本棚

    先月の盛岡でのプラクティショナー講座で、

    「どんな本で勉強しているのか?」

    と言うご質問がありましたので、私の本棚の一部をご紹介したいと思います。

     

    ですが!!その前に。

    本は自分が読みやすいかが結構重要。

    文章の言い回しや、本の構成、写真やイラストなどなど、「自分が読みたい!」「 読みやすい!」と思える本が本が一番いいです。特に、学ぶ本は何度も何度も読み返すので、出来れば本屋さんに行って、本を手に取ってみることをお勧めします。

    また、これから紹介する本は、私が楽健法を始めた当初(15年前)に読み始めた本も混ざっています。

    今ではもっと分かりやすく、新しい情報が載っている本がたくさん出ていると思いますので、あくまでも参考までに。

     

    〈身体の全体像を学ぶ本〉

    身体のイメージをもつのに役に立つ1冊

     

    〈身体の基礎を学ぶ本〉

    読みやすいですが、ちょっと情報が古い部分もあるので、他の本と読み比べるといいと思います。

    病気編もあります。

     

    解剖学以外に、生理学、病理学などもあります。

     

    これはパケ買いした本ですが、切り口が面白い!!

     

    身体を姿勢や動作から学ぶ本

     

    〈もっと詳しく学ぶ本〉

     

    〈あると便利〉

     

    次回につづく・・・

     

    只今勉強中!!

    ブラッシュアップのため休暇を頂いている私ですが、いろいろと学び直しています。

    その一環として、久しぶりに本屋に行って幾つか本を買ってきました。

    さぽせるlaboはセルフケアを学び、実践するサロンなので、専門的な情報を得る本というより、どうしたら分かりやすく、生活に取り入れやすいかがポイントです。

    これはパケ買い。(ヨシタケシンスケさんの本はかわいくて面白いので個人的に好き)

    でも、ちゃんとした本も数冊。

    同じような内容でも、書き手が違うとだいぶ印象も違います。

    特に基礎知識の本は、同じ本を何度も読むより、違う著者が書いたものを何冊も読むようにしてます。

    その他、本屋でチェックしてきて、図書館にリクエストを出しているので楽しみです。

    本を購入したり、予約すると、それだけで満足してしまう事があるので気をつけなきゃ!!

    という事で、面白い本があったら次回紹介したいと思います。

     

    「はたらく細胞」

    「はたらく細胞」と言う漫画を、姉に勧められて読んでいます。

    舞台は人の体の中。

    白血球や赤血球が擬人化されていて、インフルエンザのウィルスやスギ花粉のアレルゲンと戦う物語です。

    と言っても、昔からあるような教育書というより普通に漫画として面白いです。

     

    IMG_1605