さぽせるのブログ

私の本棚

先月の盛岡でのプラクティショナー講座で、

「どんな本で勉強しているのか?」

と言うご質問がありましたので、私の本棚の一部をご紹介したいと思います。

 

ですが!!その前に。

本は自分が読みやすいかが結構重要。

文章の言い回しや、本の構成、写真やイラストなどなど、「自分が読みたい!」「 読みやすい!」と思える本が本が一番いいです。特に、学ぶ本は何度も何度も読み返すので、出来れば本屋さんに行って、本を手に取ってみることをお勧めします。

また、これから紹介する本は、私が楽健法を始めた当初(15年前)に読み始めた本も混ざっています。

今ではもっと分かりやすく、新しい情報が載っている本がたくさん出ていると思いますので、あくまでも参考までに。

 

〈身体の全体像を学ぶ本〉

身体のイメージをもつのに役に立つ1冊

 

〈身体の基礎を学ぶ本〉

読みやすいですが、ちょっと情報が古い部分もあるので、他の本と読み比べるといいと思います。

病気編もあります。

 

解剖学以外に、生理学、病理学などもあります。

 

これはパケ買いした本ですが、切り口が面白い!!

 

身体を姿勢や動作から学ぶ本

 

〈もっと詳しく学ぶ本〉

 

〈あると便利〉

 

次回につづく・・・

 

Comment

現在コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA