さぽせるlabo(=support self help laborator)は、
セルフケアをサポートします!

「自立と支え合い」をテーマにセルフケアの学びと実践の場を

 

『さぽせるlabo』は、調布の街で13年間、日常生活の中で行えるセルフケアの学びと実践の場を提供し、「こころを支える体づくり」「からだを支える体づくり」をしています。

  楽健法やフラワーレメディ、サイコドラマ(集団心理療法)などを学びながら、お互いの健康を支え合っています。

 その他、出張ワークショップ、地域での踏み合い会「楽健法友の会」の指導を行っています。

 

「さまざまな背景の、様々な立場の人の場」

 体や心の病を抱える人、その家族、将来を不安に思っている社会的に弱い人など・・・それぞれが、無理なく、続けられるセルフケアをサポートしたいと思います。

 実はさぽせるlaboは、腰痛歴30年の主宰者(ましのまりこ)が、ADHDを抱える姉と一緒に営んでいるとても小さな小さなサロンです。けして元気いっぱいとは言えない私たち姉妹だからこそ出来る、個々を活かした、それぞれの場づくりを目指しています。

 常設のプログラムはご用意してありますが、それ以外のことも、いらしてくださった皆さんと一緒に考え、取り組んでいきたいと思います。

 *現在は女性専用ですが、今後、皆さんが参加して頂ける場を目指しております。

(一部、男性にも参加 できるプログラムをご用意しておりますので、お問い合わせください。)

 

「さぽせるlaboで毎日、楽健法!」

 巷には、健康法はたくさんありますが、特別な知識や道具がなくても、誰にでも実践できる、経済的、且つ、自分のペースや病気の状態に合わせ、安心してじっくり取り組める健康法や健康法を実践する場は意外と少ない気がします。

 さぽせるlaboでは、楽健法教室や楽健法を用いた施術、仲間同士で楽健法が出来る踏み合い会などを、それぞれのニーズに合わせて楽健法を実践できるような場を提供しています。

 

 

営業時間:日、月、水、金 10:00~12:00、 13:00~17:00

     :火、木、土              13:00~17:00

 * スタッフの体調により、不定期にお休みすることがあります。

   ご来店の際は、必ずご予約ください。

   さぽせるlaboは、スタッフも無理のないセルフケアの学びを実践しているため、体と心に無理のない範囲で運営しています。

   ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

 

*写真は大人数いますが、いつもは3.4人でまったりしたクラスが多いです。

*ボランティア活動団体「みっこ倶楽部」の活動は2018年10月をもちまして終了いたしました。

 

楽健法初級クラス風景

IMG_1750

イベントワークショップ風景

IMG_8876

いつものお茶の時間

IMG_1778

出張健康教室(クッキングハウスにて)

%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9

出張ワークショップ(大船渡にて。ボランティア看護師OGさんたちと

%e3%83%9c%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a2

ボランティア団体「みっこ倶楽部」の活動(宮古市田老町の仮設住宅にて)

%e5%ae%ae%e5%8f%a4%e5%b8%82%e7%94%b0%e8%80%81%e7%94%ba%e3%81%ae%e4%bb%ae%e8%a8%ad%e4%bd%8f%e5%ae%85

 

 

  • 「自立と支え合い」テーマに、「お互いさま」の健康法を実践
  • 「治す」ではなく、「活かす」ためのセルフケア
  • 身につけた知識と技術を活用するためのサポート

さぽせるlaboの取組み 【 詳細 】